フェミプロバイオ

膣カンジダ症(カンジタ膣炎)の再発を防ぐデーデルライン桿菌サプリメント【フェミプロバイオ】

再発の多い膣カンジダ症にはデーデルライン桿菌

膣カンジダ症の原因菌(カンジタ菌)は、膣内や口腔に常在しています。

しかし、何らかの理由でカンジタ菌が増えすぎてしまったり、拮抗している他の常在菌が減ったりしてしまうことで、カンジダ菌が急に暴れ出してしまうことがあります。

そんな現象が膣内でおきればカンジタ膣炎の発症となるわけですが、体に常在している菌が悪さをするのですから、条件さえ整ってしまえば誰にでも何度でも再発してしまいます。

膣内でカンジダ菌が暴れ出してしまう原因には、膣内のPHバランスが崩れてしまい、カンジタ菌のような悪さをする菌だけが増えてしまう点にあります。正常な状態であれば、膣内は強めの酸性に保たれており、外部からのバイ菌やカンジタ菌などを必要以上に増殖させないようにできているのです。

この、正常な酸性というPH値を維持し、膣内を正常な状態・キレイな状態に保ってくれるのがデーテルライン桿菌という4種類の乳酸菌です。

なんらかの理由で膣内環境が乱れてしまい、それが原因でカンジタ膣炎を繰り返すのであれば、膣内環境を整えてくれる乳酸菌(デーテルライン桿菌)を摂取することで、膣内環境は整いカンジタの症状も自然と治まるのです。

カンジダ膣炎にかかってからでは手遅れ?

乳酸菌が膣内の環境を整えてくれるのは良いけど、カンジタ膣炎の激しい痒みとか痛みが出てから飲んでも治療の効果はあるものでしょうか?

デーテルライン桿菌サプリメントの【 フェミプロバイオ 】は、膣カンジダ症の治療よりも再発を予防することがメインのサプリメントです。よって、既に発症してしまったのでしたら【 モニスタット 】などの専用薬を使った方が早く治療することが出来るでしょう。

もちろん全く無駄ではありませんが、膣炎のときの激しい痒みや痛みからは一刻も早く解放されたいと思いますから、お薬を使えない理由がないのであればカンジダ専用薬を使う方がおすすめです。

フェミプロバイオは、「再発を繰り返している」「疲労が溜まっている」「抗生物質を一定期間使用していた」など、膣内環境が崩れている可能性のある方には優れた予防効果と健康維持が期待できます。なぜなら、フェミプロバイオは治療薬ではなく乳酸菌の力で膣内の環境を整えるサプリメントだからです。

「カンジタ膣炎が発症する前から摂取していただいた方が効率的であり、特に現在は症状がない方にも予防の観点からおすすめ」という点は覚えておいていただきたいと思います。

乳酸菌でデリケートゾーンのおりもの・臭いも防ぐ

膣内の環境が正常に整えられているということは、膣内が清潔で力強く活動しているということです。

カンジタ膣炎の再発の悩みを抱えている女性は多いようですが、デリケートゾーンの話しで言えば、オリモノやニオイについての悩みをお持ちの方も多いことと思います。ニオイについては自分では気づいていない方も多いのかもしれません。

デーテルライン桿菌を摂取できるフェミプロバイオは、膣内をいつも正常でキレイな状態に保ってくれますから、カンジダ膣炎などのトラブルの他、オリモノやニオイについての悩みも解決してくれます。

また、この乳酸菌は腸内でも働いてくれますから、腸内を美しく保つことができ、ひいてはお肌の調子を整える役割も果たします。

膣内の環境が崩れて起きるトラブルで特に目立つのはカンジタ菌などによる膣カンジダ症かもしれませんが、他にも大なり小なり様々なトラブルが生まれます。

だからこそ、膣内をキレイに整えてくれるフェミプロバイオは、全ての女性の方におすすめの乳酸菌サプリ。あなたの体の内側からのキレイをサポートしてくれる力強い見方がフェミプロバイオなのです。

フェミプロバイオのデーデルライン桿菌について
  •